トップへ » 院長紹介・経歴

専門医との連携で難治症例も治療します

専門医との連携で難治症例も治療します

こんにちは。今井矯正歯科・院長の今井裕三です。

私は東京医科歯科大学歯学部を経て、同大学院で歯科矯正学を専門に学びました。卒業後、同大学付属病院、関東逓信病院(現・NTT東病院関東病院)の歯科矯正部に入局し、総合病院という大きな中で、一般歯科では出逢わないような症例を多数診てまいりました。

その後、現在の江戸川区船堀で今井矯正歯科を開院。30年の経験を積み、約3,000症例の矯正治療を行ってきております。

総合病院では様々な症例の治療があり、一般歯科、歯周病科、口腔外科の先生方と連携しながら治療を進めてまいりました。

私にとって一般歯科は専門外でしたが、この連携を通じ、一般歯科に対する理解が深まっていくのはもちろん、先輩からさまざまなことを学びながら、主体的な治療を行っていました。

とくに口蓋裂などの難症例では、一般歯科や大学病院の口腔外科と連携することで、より完成度の高い治療を可能にします。

この時の経験は開院した今も生きており、症例によっては一般歯科や口腔外科などと連携を組むことで、より完成度の高い治療を実現しています。

開業後はさらに活動の場を広げ、地元の歯科医師会のドクターとの連携にも力を入れています。江戸川区歯科医師会では、学術委員会の理事と委員長を合計8年間務め、歯科医師会での研修会なども行ってまいりました。

また、矯正専門開業医仲間とは、定期的に集まって意見を交換し合い自己研鑚に努めていますが、そんな研究会仲間4人でインターネット上に「矯正歯科相談室」というサイトを作り、様々な相談に当たっています。

インターネット上には、数多くの矯正の相談サイトがありますが、このサイトのように、4人の専門医が協議して回答しているのは例がなく、偏りの少ない回答が提供出来ていると思います。矯正についての質問がおありの方は「矯正歯科相談室」で検索できますので、どうぞご利用ください。

患者さんと対等なコミュニケーションを心がけています

患者さんと対等なコミュニケーションを心がけています私は祖父、母と3代続く歯科医の家庭で育ちました。

祖父は江戸川区の歯科医師会長を長期間務め、子ども心にも尊敬の念を抱いておりました。会長職を長く務めたのとは対照的に、祖父は穏やかな性格で患者さんから非常に慕われていたようです。母はそんな祖父の性格を受け継ぎ、患者さんとのコミュニケーションを、いつも大切にしていたように記憶しています。

祖父が歯科医を引退した後、母が医院を引き継いだのですが、患者さん数も多く、本当に大変だったと思います。しかし苦労を表に見せることはなく、診察室からはいつも患者さんと母との楽しく明るい声が聞こえてきていました。

母は歯科医としてではなく、常に一人の人間として患者さんに接しておりました。

そんな母の姿は私に大きな影響を与え、コミュニケーションを大切にしながら患者さんとの治療を行いたいという気持ちは、常に私の中心にあります。

矯正治療で患者さんの心の悩みも軽くしてあげたい

矯正治療で患者さんの心の悩みも軽くしてあげたい大学で学んでいたときのことです。

口蓋裂の患者さんが治療にみえました。口蓋裂の患者さんは、上あごの発育が足りないために、かなり重症の受け口や噛み合わせの不良になることが珍しくなく、引っ込み思案になる方も多いのです。そのため、幼児期から長期にわたる治療が必要になり、患者さんの苦労も通常より多くなります。

しかし、きちんと矯正治療を行えばきれいに治り、顔の印象もガラリと変わり、明るくなっていかれます。私は、なんとかしてこのような患者さんの力になりたい!と強く思うようになり、この経験をきっかけに矯正歯科医を目指すこととなりました。

私が今井矯正歯科を開院するため関東逓信病院を辞するとき、「どうしても先生に診てもらいたい」とおっしゃってくださった患者さんたちが多数いらっしゃいました。ありがたいことに、その方たちは今でも年に1~2回は当院に検査や診察に来てくださいます。本当に長いお付き合いをさせて頂いております。

そのほかにも、親子で来て下さる方や、お知り合いを紹介してくださる方などがいらして、私は常に素晴らしいご縁に恵まれていると、心から思います。

矯正治療は患者さんとの二人三脚

矯正治療は患者さんとの二人三脚矯正歯科は歯を緻密に動かしながら正しい噛み合わせにしていく、高度な矯正知識と技術が必要な治療です。

そのため歯の状態によっては、予定通りに進まないこともあります。しかしそれでも治療を投げ出すことなく、最後まできちんと治療に来てくださる方がほとんどです。主治医の私がいうのも変ですが、みなさん驚くほど熱心なのです。

ある口蓋裂の患者さんは、小学校低学年から治療を始め、口腔外科や一般歯科のドクターと連絡を取り合いながら、大学生になった現在まで、成長段階に合わせた治療を行ってきました。このなると、患者さんというよりも、まるで家族のような親しみを感じてしまいます。

また治療中だけでなく、その後のメンテナンスにも熱心で、交通に1時間半かけて、半年ごとにきてくださる方もいらっしゃいます。そんな患者さんのためにも、よりハイレベルな治療を目指していきたいと考えております。

プロフィール

プロフィール院長 / 今井 裕三

東京医科歯科大学歯学部卒
同 大学院卒(歯科矯正学専攻)
その後、同大学付属病院矯正科、及び関東逓信病院(現NTT東日本関東病院)の歯科矯正部を経て、江戸川区船堀に今井矯正歯科開設。現在に至る。

日本矯正歯科学会 認定医
日本成人矯正歯科学会 認定医
歯学博士

【所属団体】
日本矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会
WFO(World Federation of Orthodontists)
日本成人矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本口蓋裂学会
日本先天異常学会
日本顎変形症学会
日本歯科医師会
東京都歯科医師会
江戸川区歯科医師会

関連ページリンク

院長紹介・経歴スタッフ紹介院内技工システム院内ツアー
アクセス・診療時間診療日カレンダープライバシーポリシー採用情報

矯正歯科カウンセリングを行います

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 院長紹介・経歴


コールバック予約