トップへ » 院長紹介・経歴 » 院内技工システム

院内技工室で精度の高い矯正装置を作る

院内技工室で精度の高い人工歯を作る

当院では、院内に矯正技工専門の"歯科技工室"を設置し、専任の技工士が常駐しています。

技工室とは技工士専用の作業場のことで、ここで様々な矯正装置の製作を行っています。

通常、矯正に必要な技工物の製作は外部の技工所に依頼します。その際、歯科医院では、歯列模型に技工指示書を添付して送り、出来あがるのを待つことになりますので、技工士と歯科医師間の連絡は指示書のみです。そのため、出来上がった矯正装置が、必ずしも意図した通りのものではないこともありました。この問題を解決してくれたのが、院内に設置した"技工室"です。

院内技工室のメリットはいくつかあります。

その一つが、矯正装置の修理にスピーディーに対応できる点です。口の中の環境は装置にとっては非常に厳しいものですので、部分的に破損し修理が必要になることは珍しくありませんが、技工士が常駐していることで、適切な対応がスピーディーに行えます。

二つめに歯科医と技工士とのコミュニケーションの円滑化があります。同じ施設内にいますので、歯科医は装置製作のステップごとにチェックをすることが出来、外注では無理な細かい指示を出すことができます。

さらに患者さんと接することで、技工士のモチベーションも高まり、より完成度の高い技工物が提供できるのです。

なお、院内技工室を設置し、専任の技工士がいる矯正歯科はそう多くはありませんので、当院ならではの特長といえます。

矯正歯科医院を選ぶ際のポイントに、院内技工室を設置しているかどうかを加えてみてはいかがでしょうか?

<院内に技工室を設置しているメリット>
・矯正装置の修理や矯正装置調整後の仕上げなど、スピーディーな治療が可能。
・矯正歯科医と技工士のコミュニケーションの円滑化がはかられ、より完成度の高い矯正装置ができる。

関連ページリンク

院長紹介・経歴スタッフ紹介院内技工システム院内ツアー
アクセス・診療時間診療日カレンダープライバシーポリシー採用情報

矯正歯科カウンセリングを行います

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 院長紹介・経歴 » 院内技工システム


コールバック予約