トップへ » 当院が選ばれる理由 » 目立ちにくい矯正装置 » 舌側矯正(リンガルブラケット矯正法)

舌側矯正(リンガルブラケット矯正法)

リンガル・ブラケット矯正治療の一つに、歯の裏側に矯正装置を装着するリンガル・ブラケット(舌側(ぜっそく)・裏側矯正)があります。これは矯正装置が表に出てきませんので、ほとんど気づかれずに矯正できます。
多くの人と接する機会が多い職業、たとえば営業職、接客業、タレントといった方にとっては、最適な矯正装置といえるでしょう。

ただし、歯の内側に装置をつけるため、器具が舌にあたりしゃべりにくい、物が食べづらい、セラミック・ブラケットに比べ高額といったデメリットもあります。

患者さんのご要望によっては、上の歯をリンガル・ブラケットで、下の歯はセラミック・ブラケットというように、両方を組み合わせたハーフリンガルにすることもあります。

リンガル・ブラケット
金合金を使ったフルオーダーメイドの舌側矯正装置です。コンピューターで一人ひとりの歯型に合わせていますので、歯にしっかりと固定でき、効率よく動かすことができます。また従来の舌側矯正装置に比べ薄い仕上がりですので、違和感が少なくお使いいただけます。

従来の装置では装着しにくかった萌(は)えかけの歯にも装着できるため、思春期頃のお子さまにも使用可能です。
 

<メリット>
歯の裏側に矯正装置をつけるので、表側からは矯正装置が見えづらく、周囲の人から気付かれにくい。
<デメリット>
装置に慣れるまで違和感を感じるのと、発音がしにくい場合があります。

※リンガル・ブラケット(インコグニト)は、舌側矯正治療システムですが、薬機法対象外となる"海外カスタムメイド矯正装置完成物"にあたるため、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。



トップへ » 当院が選ばれる理由 » 目立ちにくい矯正装置 » 舌側矯正(リンガルブラケット矯正法)


コールバック予約