トップへ » 外科手術が必要な矯正があると聞いたのですが......

外科手術が必要な矯正があると聞いたのですが......

上下のあごのズレが大きく、矯正治療だけでは、十分な結果が得られない場合があり、そのような場合に、外科手術を併用することでより良い結果が得ることができます。

外科矯正は、手術であごの形を変えていきます。ですから、たとえば受け口の方の場合、歯並びはもちろん、あごが出た感じが改善されます。手術を行わない矯正治療だけでも受け口を治せる場合がありますが、あごの出た感じは変わりません。

もしも、あごが出ていることが最も気になっていることで、それを治したいというのであれば手術をすべきということになります。受け口でよく食べ物が噛めないということであれば矯正だけでもよいかもしれません。

また、受け口以外にも外科手術が必要となる場合があります。たとえば、下あごが左右非対称な場合や、上あごと下あごの位置のずれが大きい出っ歯、極端な開咬などです。

これらの場合は、矯正のみでは噛み合わせが充分に治せませんので、外科手術を併用して上下のあごのバランスを整えたほうが、結果が良くなります。

>>カウンセリングフォームへ


トップへ » 外科手術が必要な矯正があると聞いたのですが......


コールバック予約