トップへ » 院長紹介・経歴 » 専門医との連携で難治症例も治療します

専門医との連携で難治症例も治療します

専門医との連携で難治症例も治療します

こんにちは。今井矯正歯科・院長の今井裕三です。

私は東京医科歯科大学歯学部を経て、同大学院で歯科矯正学を専門に学びました。卒業後、同大学付属病院、関東逓信病院(現・NTT東病院関東病院)の歯科矯正部に入局し、総合病院という大きな中で、一般歯科では出逢わないような症例を多数診てまいりました。

その後、現在の江戸川区船堀で今井矯正歯科を開院。30年の経験を積み、約3,000症例の矯正治療を行ってきております。

総合病院では様々な症例の治療があり、一般歯科、歯周病科、口腔外科の先生方と連携しながら治療を進めてまいりました。

私にとって一般歯科は専門外でしたが、この連携を通じ、一般歯科に対する理解が深まっていくのはもちろん、先輩からさまざまなことを学びながら、主体的な治療を行っていました。

とくに口蓋裂などの難症例では、一般歯科や大学病院の口腔外科と連携することで、より完成度の高い治療を可能にします。

この時の経験は開院した今も生きており、症例によっては一般歯科や口腔外科などと連携を組むことで、より完成度の高い治療を実現しています。

開業後はさらに活動の場を広げ、地元の歯科医師会のドクターとの連携にも力を入れています。江戸川区歯科医師会では、学術委員会の理事と委員長を合計8年間務め、歯科医師会での研修会なども行ってまいりました。

また、矯正専門開業医仲間とは、定期的に集まって意見を交換し合い自己研鑚に努めていますが、そんな研究会仲間4人でインターネット上に「矯正歯科相談室」というサイトを作り、様々な相談に当たっています。

インターネット上には、数多くの矯正の相談サイトがありますが、このサイトのように、4人の専門医が協議して回答しているのは例がなく、偏りの少ない回答が提供出来ていると思います。矯正についての質問がおありの方は「矯正歯科相談室」で検索できますので、どうぞご利用ください。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 専門医との連携で難治症例も治療します


コールバック予約