トップへ » 院長紹介・経歴 » 矯正治療で患者さんの心の悩みも軽くしてあげたい

矯正治療で患者さんの心の悩みも軽くしてあげたい

矯正治療で患者さんの心の悩みも軽くしてあげたい大学で学んでいたときのことです。

口蓋裂の患者さんが治療にみえました。口蓋裂の患者さんは、上あごの発育が足りないために、かなり重症の受け口や噛み合わせの不良になることが珍しくなく、引っ込み思案になる方も多いのです。そのため、幼児期から長期にわたる治療が必要になり、患者さんの苦労も通常より多くなります。

しかし、きちんと矯正治療を行えばきれいに治り、顔の印象もガラリと変わり、明るくなっていかれます。私は、なんとかしてこのような患者さんの力になりたい!と強く思うようになり、この経験をきっかけに矯正歯科医を目指すこととなりました。

私が今井矯正歯科を開院するため関東逓信病院を辞するとき、「どうしても先生に診てもらいたい」とおっしゃってくださった患者さんたちが多数いらっしゃいました。ありがたいことに、その方たちは今でも年に1~2回は当院に検査や診察に来てくださいます。本当に長いお付き合いをさせて頂いております。

そのほかにも、親子で来て下さる方や、お知り合いを紹介してくださる方などがいらして、私は常に素晴らしいご縁に恵まれていると、心から思います。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 矯正治療で患者さんの心の悩みも軽くしてあげたい


コールバック予約