トップへ » 当院が選ばれる理由 » 【4】 患者さんの立場に立った、痛みの少ない治療

【4】 患者さんの立場に立った、痛みの少ない治療

痛みの少ない治療矯正治療を始めると、多くの患者さんが痛みを訴えます。

痛みが生じるのは、歯を動かすためにワイヤーを締めると、歯の根の周囲に炎症反応が起こるからです。この反応は、強い力を加えて歯を動かそうとするほど強くなります。ほとんどの場合、数日間で和らぎますが、人によっては食事にさしつかえるほどの強い痛みを感じることもあります。

治療中の痛みをできるだけ少なくするためには、痛みが少ない矯正装置を使うことはもちろんのこと、それ以上に、矯正歯科医の技術力が問われます。

当院では、できるだけ痛みが出ない矯正治療を心がけています。

たとえばワイヤーを取り付けるときは、歯に無理な力をかけません。そこで使用する矯正装置も患者さんの口腔内の広さや筋肉の緊張度合に併せたものを選びます。ワイヤーをしめるときも、患者さんの痛みの感受性(感じ方)を確認しながら調整していきます。

特に、痛みを感じやすい治療の初期段階では、超弾性ワイヤーなどの痛みの少ないワイヤーを使用しています。このような配慮をしているためか、当院では痛みのために治療を中断したという例は、いまだにありません

当院で治療した患者さんからは、「あまり痛みがなかったので、びっくりしました」「食事中も楽に噛めました」といった声をいただいています。

痛みに対して不安がある方は、心配せずに事前にご相談ください。

痛みの少ない治療について詳しく知る
 


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 【4】 患者さんの立場に立った、痛みの少ない治療


コールバック予約