トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正ガイド » 子どものころから矯正を始めるメリット

子どものころから矯正を始めるメリット

顎の成長のバランスを整え、美しい顔立ちに導くことができる
子どものころから矯正を始めるメリット歯やあごの成長を妨げるような歯並び、噛みグセなどを改善し、あごや顔の骨の成長バランスを整え、顔立ちを整えることができます。

重症例の場合、治療をせずにそのままにしておくと、後に外科的な手術が必要になることもあります。しかし子どものうちに矯正することで、手術せずに治せる可能性が増します。

永久歯を抜かない矯正ができる可能性が高まる
永久歯が生える場所が狭い場合、奥歯を後ろに移動させたり、あごの成長を促したりすることで、歯が納まるスペースの確保をはかります。さらに早期治療により、ワイヤーを使った本格矯正時に永久歯を抜かずにすむ可能性が高くなります。

お口の本来の機能を取り戻す
指しゃぶりや舌のくせは、歯並びを悪くするだけでなく、発音や食べ物の食べ方・飲み方にも悪い影響を与えます。さらに、普段から口をあけるクセがついてしまい、閉まりのない、だらしない顔立ちになってしまいます。

早期治療を行うことでこれらのクセが改善できます。併せて口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニングも行うので、正しい筋肉の動き方が身に付きやすくなります。

コンプレックスを取り除き健やかな精神発育を促せる
出っ歯や受け口のお子さまの多くは、容姿にコンプレックスを持ち、内気な性格になってしまいがちです。小児矯正では可能な限り前歯の状態を改善しますので、コンプレックスを取り除き、心身ともに健やかな成長を促します。

永久歯での矯正期間が短くなる
あごの成長をコントロールし、永久歯が正しい位置に生えるように誘導するので、永久歯に生えかわった後に行う本格的な矯正がスムーズに行えます。さらに治療期間も短縮できます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 子供の矯正ガイド » 子どものころから矯正を始めるメリット


コールバック予約