トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療 » 細いワイヤーから使うので痛みを軽くする

細いワイヤーから使うので痛みを軽くする

細いワイヤー矯正装置を固定するワイヤーには、材質的にも多種類ありますし、太さも細いものから太いものまで多くの種類があります。これらは、患者さんの歯の状態などにより使い分けていきます。

通常、太くなるほど歯を締めつける力も強くなり、ワイヤーを付けた後、数日間は強い痛みを感じることがあります。

当院では、矯正治療中の痛みをできるだけ抑えるために、初めて矯正装置を装着するときは「超弾性」という特性を持ったワイヤーでかつ細いワイヤーを使います。その後、痛みの状態や歯の動きを確認しながら、徐々に太いワイヤーに切り替えていきます。こうすることで、歯に無理な力を与えずに、痛みも最小限に抑えることができるのです。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療 » 細いワイヤーから使うので痛みを軽くする


コールバック予約