トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療 » 装置を付ける順序を工夫して、患者さんの負担を軽くする

装置を付ける順序を工夫して、患者さんの負担を軽くする

上下同時に進めないから痛みが少ない上下の歯を矯正するとき、同時に矯正装置を装着すると、狭い口の中の環境が急に変わり、痛みを強く感じてしまうことがあります。そこで当院では、通常2回に分けて矯正装置を装着しています。

まず、上の歯に先に取り付け、次回の治療時に痛みの感受性を確認した後、下の歯にワイヤーを取り付ける時期を決めます。通常は2カ月程度後に取り付けています。

また、患者さんによっては、下の歯に先に装置を付けることもあります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療 » 装置を付ける順序を工夫して、患者さんの負担を軽くする


コールバック予約