トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療 » セルフライゲーション・ブラケットの活用

セルフライゲーション・ブラケットの活用

セルフライゲーション・ブラケット矯正装置とワイヤーの間に生じる摩擦(フリクション)を少なくしたブラケットです。従来のブラケットに比べ痛みが少なく、歯の移動がスムーズにでき、治療期間が短縮できます。

ただ、普通のブラケットより全ての点で優れているわけではなく、それぞれに利点、欠点があります。

そこで当院では、患者さんごとに適したブラケットを選択し、必要に応じて組み合わせて使用しています。たとえば前歯は通常のブラケットを使い、犬歯から後ろにはミニクリッピーやデーモンといった組み合わせなどがあります。

また、治療の途中でセルフライゲーション・ブラケットを通常のブラケットに変更することもあれば、逆に、通常のブラケットをセルフライゲーション・ブラケットに変更する場合もあります。これはあくまでも、個々の患者さんに適した装置、また治療のステップごとの目的に適した装置を使って、より良い結果を得たいという考えに基づいています。

ですから、当院ではセルフライゲーション・ブラケットを使用しても、特に装置料の追加はないようにしています。(ただしクリッピーCはセラミック・ブラケットですので、追加費用がかかります。)
セルフライゲーション・ブラケット(フリクションフリー・ブラケット)には、ミニクリッピーやスマートクリップ、デーモンなどがあり、それぞれ単独使用、あるいは通常のブラケットと組み合わせての使用が可能です。

当院では患者さんの痛みの感受性(痛みの感じ方)も考慮して、通常のブラケットとセルフライゲーション・ブラケットを使用しています。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療 » セルフライゲーション・ブラケットの活用


コールバック予約