トップへ » 当院が選ばれる理由

ようこそ!今井矯正歯科へ

ようこそ!今井矯正歯科へ

こんにちは。数ある歯科医院の中から、当院を選んでいただき、ありがとうございます。当院は開院以来、矯正専門医院として、ここ江戸川区船堀で30年の経験と3,000症例以上の矯正治療を行ってきました。

これからも慢心することなく、緊張感を持って患者さん一人ひとりと接していくことをお約束いたします。

<当院が選ばれる7つの理由>

【1】 優れた技術力
【2】 追加料金なしのシンプルな料金体系
【3】 半透明や透明・裏側からの矯正装置など幅広い治療手段をご用意
【4】 患者さんの立場に立った、痛みの少ない治療
【5】 指定自立支援医療機関 顎口腔機能診断施設
【6】 院内技工室を設置した矯正歯科医院
【7】 豊富な小児矯正歯科治療経験

 

【1】 優れた技術力

優れた技術力当院の院長は日本矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会、およびWFO(World Federation of Orthodontists)に所属し、30年の経験と約3,000症例の治療実績があります。

専門性の高い技術力を持ち、噛み合わせから審美目的まであらゆる矯正治療を行うとともに、唇顎口蓋裂症などの難治症例にも取り組み成功してきました。

また一人ひとりの患者さんに合わせた治療を心がけ、使用する矯正装置はセラミック・ブラケットやセルフライゲーション・ブラケット、リンガル矯正(インコグニト)、マウスピース矯正(インビザライン)、インプラント矯正など多岐にわたります。それぞれの装置の特長を生かしつつ、もっとも効率のいい組み合わせで治療を行っています。

その技術力は各学会からも高く評価され、日本矯正歯科学会・認定医および日本成人矯正歯科学会・認定医、さらにはWFO・フェローの認定を受けています。

院長の技術力について詳しく知る
 

【2】 追加料金なしのシンプルな料金体系

「矯正治療の料金体系が複雑で、よく理解できない」「思っていた以上に料金が高くなってしまった」という声をよく聞きます。

通常、矯正治療の費用には、初診料や検査料、診断料、矯正装置料、それに通院ごとの処置料など、それぞれに発生します。
またその他に、保定装置料という費用がかかることもあります。

矯正治療は自由診療ですので、料金システムが医院によって異なることも、患者さんにとって分かりにくくなる原因の一つですが、もうひとつ、矯正の治療期間にたいする患者さんの認識と、実際の治療内容とのズレも大きな原因になっていると思います。

矯正の治療期間というと、一般的には歯を動かし終わるまでの期間をさしますが、実は、それで治療がすべて終了というわけではありません。

そのあとに、「保定装置」という主として取り外し型の装置を使って歯をきちんと支え、根の周囲の骨が安定するまで、数カ月に一度程度経過を見ることが必要になります。

この「保定装置」の費用については混乱が多いように思います。
患者さんの立場に立てば、やっと矯正が終わったと思えた時点で、また新たな費用がかかるのは、納得がいかないお気持ちになるのではないでしょうか。

当院ではシンプルな料金体系を採用していますので追加料金がありません保定装置は基本料金の中に含まれますので明快です。さらに治療前に行う診断も、検査料の中に含まれます
また治療中、必要に応じて、歯石除去やブラッシング指導などの予防処置を繰り返し行っていますが、その費用も処置料に含まれますので、他院に比べかなり安い設定になっています。


当院では、お支払いは無利息での分割払いを基準にしています。

たとえば、おとなの全体的な矯正の場合、半年ごとの4回でお支払い頂くのが普通ですので、開始時に全額の支払いが必要な医院に比べて、かなり楽なシステムになっています。

従って、当院では「デンタルローン」は扱っておりません。
デンタルローンを利用すると、毎月のお支払いは一見少ないようですが、支払い終了までに、非常に高額の利息を支払うことになってしまいます。

本来の治療費ではないローン金利のような費用は、なるべく避けたいとの思いから、現在のようなシステムを採用しているのです。

患者さんに優しく、シンプルで追加料金なしの明快な料金体系ですので、安心してご相談ください。

治療費について詳しく知る
 

【3】 半透明や透明・裏側からの矯正装置など幅広い治療手段をご用意

矯正装置当院は矯正歯科専門医院です。私が矯正治療を行うとき、真っ先に考えることは、「患者さんの歯並びをきれいに整え良い噛み合わせにすること」

もちろん患者さんにとっては、治療期間の早さと、目立たない矯正器具も必要なことです。しかしそればかりに気を取られてしまうと、本来の目的から反れてしまい、質の高い治療ができなくなってしまいます。

とはいっても「装置が目立つのはいや」という患者さんのお気持ちも、十分理解しているつもりです。患者さんのご要望をできるだけ取り入れながら、目立たず矯正効果の高い治療を行っています。

当院ではメタル・ブラケットやセラミック・ブラケット、リンガル(インコグニト含む)・マウスピース矯正(インビザライン)など、患者さんの要望に合わせた "目立たない矯正装置"をご用意しています。

それぞれの装置にはメリット・デメリットがあります。どのブラケットを使うかは、きちんと説明した上で、患者さんに選んでいただいています。

目立たない矯正装置について詳しく知る
 

【4】 患者さんの立場に立った、痛みの少ない治療

痛みの少ない治療矯正治療を始めると、多くの患者さんが痛みを訴えます。

痛みが生じるのは、歯を動かすためにワイヤーを締めると、歯の根の周囲に炎症反応が起こるからです。この反応は、強い力を加えて歯を動かそうとするほど強くなります。ほとんどの場合、数日間で和らぎますが、人によっては食事にさしつかえるほどの強い痛みを感じることもあります。

治療中の痛みをできるだけ少なくするためには、痛みが少ない矯正装置を使うことはもちろんのこと、それ以上に、矯正歯科医の技術力が問われます。

当院では、できるだけ痛みが出ない矯正治療を心がけています。

たとえばワイヤーを取り付けるときは、歯に無理な力をかけません。そこで使用する矯正装置も患者さんの口腔内の広さや筋肉の緊張度合に併せたものを選びます。ワイヤーをしめるときも、患者さんの痛みの感受性(感じ方)を確認しながら調整していきます。

特に、痛みを感じやすい治療の初期段階では、超弾性ワイヤーなどの痛みの少ないワイヤーを使用しています。このような配慮をしているためか、当院では痛みのために治療を中断したという例は、いまだにありません

当院で治療した患者さんからは、「あまり痛みがなかったので、びっくりしました」「食事中も楽に噛めました」といった声をいただいています。

痛みに対して不安がある方は、心配せずに事前にご相談ください。

痛みの少ない治療について詳しく知る
 

【5】 指定自立支援医療機関 顎口腔機能診断施設

育成・更生医療指定 顎口腔機能診断施設矯正治療に健康保険が適応できる場合があるということをご存知でしたか!?

矯正治療のほとんどは「自由診療」で健康保険が使えません。そのため治療費用はすべて患者さん負担となり、治療内容によってはかなり高額になることもあります。

指定自立支援医療機関実はこの治療費には例外があり、国が定めた特定の症例に対して矯正治療を行う場合に限り、健康保険が適応できるのです。

当院は「健康保険適応の矯正治療ができる施設」(指定自立支援医療機関)として、厚生労働省より認定されています。

なお、顎変形症の保険診療については、顎口腔機能診断施設でなければ行えません。当院は、顎口腔機能診断施設の指定を受けています。

特に、顎口腔機能診断施設であるためには多くの条件があり、これらをクリアーできる歯科医院は非常に少ないのが現状です。従って、顎口腔機能診断施設であることは、当院が、高度な専門的医療が可能な医療機関であることを示すひとつの指標と言えると思います。

保険適応の矯正について詳しく知る
 

【6】 院内技工室を設置した矯正歯科医院

院内技工室当院では、院内に矯正技工専門の"歯科技工室"を設置し、専任の技工士が常駐しています。

技工室とは技工士専用の作業場のことで、ここで様々な矯正装置の製作を行っています。

通常、矯正に必要な技工物の製作は外部の技工所に依頼します。その際、歯科医院では、歯列模型に技工指示書を添付して送り、出来上がるのを待つことになりますので、技工士と歯科医師間の連絡は指示書のみです。そのため、出来上がった矯正装置が、必ずしも意図した通りのものではないこともありました。この問題を解決してくれたのが、院内に設置した"技工室"です。

院内技工室のメリットはいくつかあります。

その一つが、矯正装置の修理にスピーディーに対応できる点です。口の中の環境は装置にとっては非常に厳しいものですので、部分的に破損し修理が必要になることは珍しくありませんが、技工士が常駐していることで、適切な対応がスピーディーに行えます。

二つめに歯科医と技工士とのコミュニケーションの円滑化があります。同じ施設内にいますので、歯科医は装置製作のステップごとにチェックをすることが出来、外注では無理な細かい指示を出すことができます。

さらに患者さんと接することで、技工士のモチベーションも高まり、より完成度の高い技工物が提供できるのです。

なお、院内技工室を設置し、専任の技工士がいる矯正歯科はそう多くはありませんので、当院ならではの特長といえます。

院内技工システムについて詳しく知る
 

【7】 豊富な小児矯正歯科治療経験

豊富な小児矯正歯科治療経験「3歳児健診のときに、受け口といわれた......」「口をうまく閉じられなくて、いつも前歯が見えている」

お子さまの歯並びについて、こんな悩みを抱えている親御さんはいらっしゃいませんか?

噛み合わせや歯ならびの悪さから虫歯になることはよく知られていますが、実はそれ以外にも、いびきや歯ぎしり、頭痛や顎関節症などのリスクがあります。

まだ小さいからといって治療をせずに放っておくのは大変危険です。お子さまが成長したとき、虫歯や歯周病、顎関節症や、頭痛、肩こり、不定愁訴など、全身に不調を訴えることさえあるのです。

どの親御さんも可愛いわが子には、健やかに育って欲しいと願っていると思います。治療効果の高い子ども時代に、矯正歯科治療を受けることをお勧めします。

子供の矯正について詳しく知る

関連ページリンク

当院が選ばれる理由院長の技術力治療費について
目立たない矯正装置治療期間・流れ痛みの少ない治療
矯正中の虫歯予防子供の矯正ガイドあなたの歯並びはどれ?(治療例)
保険適応の矯正患者さんの声仲間の先生からの言葉
メディア掲載情報よくあるご質問医療費控除

矯正歯科カウンセリングを行います

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由


コールバック予約