トップへ » 当院が選ばれる理由 » 保険適応の矯正

健康保険が適応できる指定医です

健康保険が適応できる指定医です

矯正治療に健康保険が適応できるということをご存知でしたか!?

矯正治療のほとんどは「自由診療」で健康保険が使えません。治療費用はすべて患者さん負担となり、治療内容によってはかなり高額になることもあります。
実はこの治療費には例外があり、国が定めた特定の症例に対し矯正治療を行う場合に限り、健康保険が適応できるのです。

当院は「健康保険適応の矯正治療ができる施設」(指定自立支援医療機関)として、厚生労働省より認定されています。
なお、顎変形症の保険診療については、顎口腔機能診断施設でなければ行えません。当院は、顎口腔機能診断施設の指定を受けています。

万一、下記にあげた症状がみられる患者さんは、ぜひ一度ご相談ください。

<健康保険が適応される症状>
1. 顎骨の外科的手術が必要な顎変形症を伴う噛み合わせの異常
2. 唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)
3. ゴールデンハー(Goldenhar)症候群(鰓弓異常症を含む)
4. 鎖骨・頭蓋骨異形成
5. クルーゾン(Crouzon)症候群
6. トリチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群
7. ピエールロバン(PierreRobin)症候群
8. ダウン(Down)症候群
9. ラッセルシルバー(Russell-Silver)症候群
10. ターナー(Turner)症候群
11. ベックウィズ・ヴィードマン(Beckwith-Wiedemann)症候群
12. 尖頭合指症
13. ロンベルグ(Romberg)症候群
14. 先天性ミオパチー
15. 顔面半側肥大症
16. エリス・ヴァン・クレベルド(Ellis-vanCreveld)症候群
17. 軟骨形成不全症
18. 外胚葉異形成症
19. 神経線維腫症
20. 基底細胞母斑症候群
21. ヌーナン(Noonan)症候群
22. マルファン(Marfan)症候群
23. プラダーウィリー(Prader-Willi)症候群
24. 顔面裂
25. 筋ジストロフィー
26. 大理石骨病
27. 色素失調症
28. 口ー顔ー指症候群
29. メービウス症候群
30. カブキ症候群
31. クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
32. ウィリアムズ症候群
33. ビンダー症候群
34. スティックラー症候群
35. 小舌症
36. 頭蓋骨癒合症
37. 骨形成不全症
38. 口笛顔貌症候群
39. ルビンスタイン-ティビ症候群
40. 常染色体欠失症候群
41. ラーセン症候群
42. 濃化異骨症
43. 6歯以上の非症候性部分性無歯症
44. チャージ症候群
45. マーシャル症候群
46. 下垂体性小人症
47. ポリエックス症候群(クラインフェルター症候群)
48. リング18症候群

関連ページリンク

当院が選ばれる理由院長の技術力治療費について
目立たない矯正装置治療期間・流れ痛みの少ない治療
矯正中の虫歯予防子供の矯正ガイドあなたの歯並びはどれ?(治療例)
保険適応の矯正患者さんの声仲間の先生からの言葉
メディア掲載情報よくあるご質問医療費控除

矯正歯科カウンセリングを行います

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 保険適応の矯正


コールバック予約