トップへ » 当院が選ばれる理由 » 院長の技術力

各学会が認める高度な専門知識と技術力

各学会が認める高度な専門知識と技術力

当院の院長は日本矯正歯科学会、日本成人矯正歯科学会、およびWFO(World Federation of Orthodontists)に所属し、30年の経験と約3,000症例の治療実績があります。

専門性の高い技術力を持ち、噛み合わせから審美目的まであらゆる矯正治療を行うとともに、唇顎口蓋裂症などの難治症例にも取り組み成功してきました。

また一人ひとりの患者さんに合わせた治療を心がけ、使用する矯正装置はセラミック・ブラケットやセルフライゲーション・ブラケット、リンガル矯正(インコグニト)、マウスピース矯正(インビザライン)、インプラント矯正など多岐にわたります。それぞれの装置の特長を生かしつつ、もっとも効率の良い組み合わせで治療を行っています。

その技術力は各学会からも高く評価され、日本矯正歯科学会・認定医および日本成人矯正歯科学会・認定医、さらにはWFO・フェローの認定を受けています。

とはいっても、「認定医」の資格などは、あくまでもひとつの指標にしかすぎません。医療技術は日々変化を遂げています。より高度な矯正治療を行うために、講習会や学会への参加や、最新の矯正装置や技術について学び続ける姿勢が不可欠だと考えています。

学会認定医とは

学会認定医とは全国に矯正歯科医は数えきれないほどおります。しかし、同じ矯正歯科専門医といっても、その技術レベルはさまざま。そのため「矯正専門の歯医者さんがたくさんあるけれど、何を基準にして選べば良いのかわからない」という方もたくさんいらっしゃることでしょう。

そんな歯医者さん選びの基準の一つに、日本矯正歯科学会や日本成人矯正歯科学会など、各学会公認の"認定医""専門医"といった資格があります。その中で、矯正歯科医にとって最も権威のある学会が『日本矯正歯科学会』。この学会の「認定医制度」は、最もポピュラーな認定資格といえます。

日本矯正歯科学会 認定医

日本矯正歯科学会 認定医認定医とは、矯正歯科専門医の技術レベルを客観的に評価した一つの基準で、一定水準以上の学術知識と技術レベルを持ったドクターが"認定医"として認められます。

"認定医"になるためには、いくつかの厳しい条件をクリアしなければなりません。

1)日本矯正歯科学会に5年以上の在籍

2)学会が指定する大学の附属病院や矯正歯科医療機関で5年以上の臨床経験が必要

3)歯科矯正臨床の論文を提出する

これらの条件をすべて満たし、審査に合格した医師だけに"認定医"の資格が与えられるのです。

さらに更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や臨床発表、および学術誌における報告が義務づけられています。

現在、日本国内の"認定医"は2,500名とごくわずか。これは、国内の矯正歯科医の約1割。このことからも、いかに優れているかがおわかりになることでしょう。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由院長の技術力治療費について
目立たない矯正装置治療期間・流れ痛みの少ない治療
矯正中の虫歯予防子供の矯正ガイドあなたの歯並びはどれ?(治療例)
保険適応の矯正患者さんの声仲間の先生からの言葉
メディア掲載情報よくあるご質問医療費控除

矯正歯科カウンセリングを行います

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 院長の技術力


コールバック予約